【友達にしか見れない】※復縁に失敗する前に!<別れてもやり直す>

このページから、ご覧いただいている方へ

友達にしか見れない,友達としか見れない,復縁,失敗,やり直す,別れ,経験者

 

当サイトの管理人、復縁ドッグです。

 

このページは、別れた後友達でいる場合と、きっぱり連絡を断つ場合、どちらの方が、復縁の可能性が高いのか、悩んでいる方へ向けて書かれたものです。

 

TOPページから、順を追って説明していますので、理解を深める為にも、TOPページから、順に読まれることをおススメしております。

 

友達に戻るVS連絡を取らないどっちが復縁確率が高い?

友達として定着しない為の注意ポイント

さて、このページからは、
友達に戻る際の注意ポイントを1つずつ解説していきます。

 

このページでに書かれている内容を、理解しておかないと、
「友達にしか見れない」そう言われて、友達としての関係が定着してしまいますので、
忘れないようにして下さい。

 

では、はじめていきます。

友達としての関係で、落ち着かないようにするには、
復縁相手が好むポイントを、押さえておくことです。

 

友達としての関係で、落ち着いてしまう人とは、どういった人なのでしょうか?
言い方を変えると、友達と恋人との境界線とは、何なのでしょうか?

 

個人差もあると思いますが、友達も、恋人も、
人として、好きなことには変わりありません。

 

では、likeとloveの違いは何なのでしょうか?

 

この問いに答えるには、恋のメカニズムを知る必要があるのです。

 

そこで、かいつまみながら、
恋のメカニズムについて解説していきたいと思います。

 

人は、自分の頭の中で、ABCと3つの領域を持っています。

 

はじめて会った段階で、この人好き→A領域
特に会っただけでは何とも思わない→B領域
生理的に好きではない→C領域

 

少なくとも、C領域に入っている人とは、友達関係も維持できません。
ですから、友達で落ち着いてしまう人は、C領域ではない人です。

 

では、逆に、A領域の人はどんな人なのでしょうか?
それは、分かりやすく言えば、外見がドンピシャの人です。

 

福山雅治さんのように、見ただけで、この人好き。
そう思わせることができる人のこのです。

 

もちろん、人によって、好みがありますので、
このA領域の範囲も、人によって変わっていきます。

 

A領域の人も、友達として落ち着いた関係になることはありません。
なぜなら、すでに相手があなたに興味があるからです。

 

残るはB領域ですね。
そうなんです。

 

このB領域の人が、友達としての関係で、落ち着いてしまう恐れがある人なのです。

 

実は、大半の人は、B領域からはじまります。
ですが、相手を深く知る中で、B領域の人が、加点方式によって、
A領域に移ることができるのです。

 

たとえば、話してみたら、
趣味が同じだったり、境遇が同じだったりと、話しやすかった。
いい意味で、見た目から、自分が思っていた人とは違っていた。
今まで会った人には、いないタイプの人だった。

 

理由は様々だと思いますが、こんな面もあったんだ、あんな面もあったんだ。
そういった、見た目だけでは分からない、魅力を知ることで、
徐々に、A領域に入っていけるのです。

 

そして、完全にA領域に入った段階で、likeがloveに変わるのです。

 

ここまでは、理解できましたか?

 

この恋のメカニズムを理解できれば、なぜ、「友達としか見れない」と
言われてしまうのかが、理解できるようになります。

 

人は、主に、相手の内面を知ることで、B領域の人間を、A領域へ移動させます。

 

ですが、逆に、いつまで経っても、B領域にいる人は、
B領域の人間だと、決定させてしまうのです。

 

  • 話してみても、特に印象は変わらなかった
  • 友達として遊んでいても、新しい加点ポイントが見当たらなかった
  • デートをしてもても、想像通りの人だった

 

このような具合で、B領域から、加点できずにいると、最終的には、

B領域の人間として定着してしまい、異性として、見られなくなってしまうのです。

 

 

 

では、この考え方を、復縁に置き換えて考えてみます

復縁も恋愛ですので、メカニズムは同じです。

 

A領域だった人が、何かの理由により、B領域に落とされてしまった。
でも、人間としては好きなので、友達としての関係を続けていった。
これは、完全に、B領域の関係です。

 

このまま、加点ポイントが増えない限り、この人は、B領域の人間として、
元カノ、元カレの中では、定着てしまうのです。

 

そして、残念ながら、加点ポイントを稼げなかった人は、B領域の関係で落ち着いてしまうのです。

 

これが、「友達としてしか見れない」の正体なのです。

 

 

ですから、友達としての関係で、定着したくない人は、
友達になった段階で、凹んでいる暇はありません。

 

相手のツボを抑え、加点ポイントを増やしていかなくてはいけないからです。

 

加点ポイントを増やすには、今まで見せたことがない

外見だったり、内面を見せる必要があります。

 

いい意味で、あなたの考えを裏切らなければいけないからです。

 

一度付き合った仲ですので、相手の中身をすべて知ったうえで、
別れを決断したと思っています。

 

ですから、自分の中身はこれがすべてではないんだ。

まだ、あなたが知らない魅力を、自分は持っているんだ。

 

そう、相手に伝えなければいけません。

 

 

 

実はこれ、自分磨きの成果を伝えるにつながってくることなのです。

友達に戻る方が復縁に有利な理由Aでも書きましたが、
自分磨きは、復縁では必須事項です。

 

理由は、このページで説明してきた加点ポイントを増やさなければいけないことと、
友達に戻る方が復縁に有利な理由Aでも書いた、相手が嫌がっている部分を
改善しなければ、復縁できないからです。

 

加点ポイントを増やして、減点ポイントを減らすイメージですね。

 

既に、友達の関係で定着してしまった人は、減点ポイントを減らして、
加点ポイントを増やす努力をしていきましょうね。

 

 

では、次のページで、今の話に関連した、2つのケースの解説法を解説していきます。

 

兄弟姉妹にしか見られないといった悩みです↓

【友達にしか見れない】※復縁に失敗する前に!<別れてもやり直す>関連ページ

家族として定着しない為の注意ポイントA※父兄編
<<※家族みたいな関係でも復縁できる方法>> 「お兄ちゃん!お父さんのような!家族にしかみれない。安心するけどドキドキしない、マンネリしてときめきがない、緊張感がない。好きなのか分からない。」と言われて別れたけど、やり直したい。振った側だけど、よりを戻したい。
家族として定着しない為の注意ポイントB※弟妹編
<<※家族みたいな関係でも復縁できる方法>> 「男としてみれなくなった、女を感じない、恋愛感情がなくなった。頼りがいがない、loveでなくlike。マンネリしてトキメキがなくなった」と言われ、別れたけどやり直したい。どのような方法でアプローチをしかければ良いのでしょうか?
家族として定着しない為の注意ポイントC※姉母編
<<※家族みたいな関係で友達に戻っても復縁できる方法>>彼氏に「お母さんやお姉ちゃんにしか思えない」「女としてみれない」「好きなのか情なのか分からない」「長く付き合ってたので家族のようにしか見れない」「ドキドキしなくなった」「マンネリしてトキメキがなくなった」と振られても、やり直したい。別れても諦めきれない!